あたなのキッチンをグレードアップしよう。

誰がフーディーニーを使うの?

現在、フーディーニーは世界中で食の創造ポテンシャルを引き上げる事で役立っています。90か国以上の人々から問合せを頂いています。レストラン、食品供給業者、加工業者、教育や研究機関、ヘルスケアの会社等々で使われています。

プロの厨房、レストラン、そしてダイニング経験

フーディーニーで食をデザインすることで、顧客の期待を越えよう、ビジネスを差別化しよう。あっと思わせることを起こそう。食のデザインで魅了し、特別な方法で食をプレゼンテーションし、顧客を驚かせるよう料理をカスタマイズしよう。

私が思うに、3Dプリンターは皆にとってのスーテックキッチンのようなものだ。

Randi Zuckerberg

Zuckerberg Media & Sue’s Tech Kitchen

食品加工業と外食産業

フーディーニーは厨房に小さな食品加工場を持つもののようだ。カスタマイズされた食材を最適かつ持続可能な方法と顧客との深く、直接つながる道をフーディーニーはもたらしてくれる。

エリオールグループのラボは新たな食の提供方法を実験する為、エリオールグループのラボは新たな食の提供方法を実験する為、3Dプリンターは段階的に我々の食習慣に入り、フーディーニーは間違いなくその主要な役割を担うことになるだろうと確信しています。

Pascale Chevallier-Gallen

Elior

病院と健康機関

嚥下障害や介護食が必要な患者にとって、フーディーニーがあれば、見た目には本当の料理に近い料理を摂る事ができるようになります。フーディーニーが料理を患者に合わせて調整し、食材の中の栄養素のトレースも可能にします。

フーディーニーによって、我々独自のレシピを使った見た目がよく、風味ある食事を患者さんに提供できるようになってきています。フーディーニーが作る料理の表面を整えるだけで、3Dプリンターによってもたらされるエキサイティングでクリエーティブな未来が実現できることを実感します。

Laura Robson

University of Utah Hospitals and Clinics

クリエーティブな未来が実現できることを実感します。

フーディーニーは食品及び食品製造ソリューション分野にて革新的進歩を促進する調査・研究会社の一つである。次世代のホスピタリティ溢れる料理専門家を養成するトップ機関では料理の実技評価にてフーディーニーを使っています。

このフードプリンターはキッチンの未来だ。

Holly Kristinsson

Matis

当社と一緒に共同開発している取引先の一例。

  • Chefs

    Essentially, Foodini is a designed kitchen appliance. Chefs use it as part of their arsenal of appliances to make creative dishes and to help optimize food plating tasks.

  • HELPING PEOPLE WITH SOFT NEEDS AND THOSE WITH DYSPHAGIA REGAIN THE PLEASURE OF EATING

    For people with dysphagia or other conditions that require consistency-modified diets, Foodini can improve food intake by serving dishes that more closely resemble real food.

  • FOODINI - A 3D FOOD PRINTER KITCHEN APPLIANCE

    The first smart kitchen appliance speeding up the process of making food with fresh ingredients: all via a next generation 3D food printer and IoT kitchen appliance.

コンタクト